昼寝ねこの雑記帳

30代前半の低所得社畜の管理人さんが節約と投資とせこい小銭稼ぎでセミリタイアを目指す試行錯誤系ブログはこちらです。

独身で会社に長くいると碌なことにならないと思う

f:id:mouhatarakitakunai:20190124215958j:plain

こんばんにちは。昼寝ねこです。

久しぶりの更新になってしまいました。

最近なんだか物思うようで実は何も考えていない。そんな気分でした。

きっとリア充の空気に中てられたのでしょう。最近人と接することが多かったから。

腐海の空気に馴染んだ僕には世界は綺麗すぎてそこに居場所がないことに感傷的になってしまいます。わからないですよね?

一人が寂しいとは思わないですが、一人と思わされることは悲しい。そんな話です。

 

 

独身で長く会社にいる人への周りの言動

最近、人間関係の幅が少し広がりました。趣味のせいです。

それで僕の知らない人の名前が話題に出た時にその人ってどんな人かを職場の人に聞いてみたんですよ。そうしたら奇しくもこんな感じでした。

「もう40台後半なのに独り身だよ」

「金をたくさんため込んでる。車や趣味にお金をかけている。」

「変わってるよな」

僕は「アハハ!(;´∀`)そうなんですかぁ」と無難に返したけど、

それって僕がこのまま会社に居続けたら周囲から思われるであろうことですよ。

まさにモデルです。その人にはまだあったことないのでどんな人か楽しみです。

周囲から指をさされて会社に居残るなんて冗談じゃないですね・・・。

しかし独身で長く会社にいる人って結構いますが、どれも変わった人であることは否めません。その中に自分も含まれていくであろうことを考えると…人生しくじったなぁという思いを抱かずにはいられませんね。

 

独身で長く会社にいる人の挙動ケース①

一番身近なのは同じ職場の40半ばのおばさん。

この人の一番の問題は太すぎる体格・・・ではなく、明らかに性格です。

最近よく思うんですが性格が悪い。ひねくれてるというか歪んでるというか。

他人の行動が気に入らないとすぐにケチをつけてきます。そして陰口。

昨日は温厚な僕もちょっと衝突してしまいました。

そのくせ自分は大して働きもせず、偉くもないのにふんぞり返って偉そうにしています。

今日も他の仕事をしている僕に対して〇〇の分析先にやって!!と指図してきましたが、何なんでしょう?僕は思いました。『お前がやれよ!!』と。

おばさんが何をしてるのかと思えば、別に急ぎでもない検査をしているわけですよ。

やり方わからないならもっと丁寧に頼んでみたら可愛げもあるのではないかと。

このおばさんとあと何年付き合っていかないといけないのかと考えると怠い気分になりますね。まぁ良いところもあるんですけどね…。

 

独身で長く会社にいる人の挙動ケース②

最近、僕が一番やばい奴だと思うおじさんがいます。歳は55歳くらい。

おそらく頭がおかしい。サイコパス診断のボーダーライン擦れ擦れって感じです。

頭がおかしいのですが、性欲はあるようでいかがわしいお店の話をよくしています。

こんなイカれた奴の性欲のはけ口にされるなんて、大変な仕事だなぁと感心してしまいます。

とにかく頭が悪く会話にならず、沸点が低く、会話で難しい言い回しなどすると理解ができないのでしょう。キレてきます。ニトログリセリンのような危険さです。

まぁこの人に関しては独身である理由はお察しです。

そして僕はコミュ障であるが故に適切な距離感をとれず、なぜかこのおっさんに好かれてしまい、すごく不快な思いをしているところです。

 

 

 

自分がとるべき道について

まだまだ工場には変わったフレンズはたくさんいるのですが、話が過熱して収拾がつかないのでまたの機会にしたいと思います。

とにかく僕はコミュ障であるが故に女性とうまく接することができないわけですが、このままいけば独身で生涯を終えることになると思います。寂しいとも思いますが、一人が好きなのも確かだし何度か付き合っても、誰も幸せにしてあげることもできなかったポンコツなのだから仕方ありません。

けれども頭のおかしいフレンズたちのように会社でいつまでも見世物になることもできません。ケース②のおじさんはおそらくナチュラルなヤバい奴ですが、ケース①のおばさんは周囲の影響を受けた変異体である可能性もあります。

生物は遺伝要因、環境要因により表現型が決まると昔授業で習いました。

とにかく僕のような周囲に溶け込めない人間は長く会社にいてはいけないのは間違いありません。

リア充たちを見続けることで心にダメージを負って変調をきたす前に、

おかしなフレンズたちと同列に見世物になる前に、

こんな生きづらい社会から逃げ出そう。そう思う今日この頃です。

 

数年後、僕が会社を辞めたらこう言われるでしょう。

「変わった奴だった」・・・と。